センシティブスキンのコスメ使用ログ

ナチュラル・オーガニック製品を中心に敏感肌・乾燥肌でも使える化粧品を探してレビューしています。

NEROLILA Botanica(ネロリラ ボタニカ)ブルーミングシャワー 肌と心に一瞬で爽やかさをチャージするミスト

      2017/06/01

夏のさっぱりとした化粧水をお求めの方におすすめの製品

ネロリラボタニカブルーミングシャワー

ネロリラボタニカ ブルーミングシャワー

化粧水でかぶれてしまう、という方にもおすすめのNEROLILA Botanica(ネロリラボタニカ)ブルーミングシャワー。

シンシアガーデンで詳細を見る >>ネロリラボタニカ ブルーミングシャワー
敏感肌で、合わないものだとすぐ赤くなってしまうのですが、もう2週間ほど継続して使ってみても、顔を掻きたくなるということもなく、フレッシュなお水を浴びるような感覚で使っています。急に暑くなり、ほてったときも、お化粧前の化粧水としても多機能に使うことができ、愛用できる一品です。

シュッとひと吹きでただよう深い香りもまた、心を癒してくれるという優れた製品だと感じました。ルームミストとしても使えるし、ミストですから、外の暑い日差しの中、爽快さを得ることもできますよ。

NEROLILA Botanica(ネロリラボタニカ)開発の背景

メイクアップアーティストでありながら、看護師資格を持って大学病院勤務経験のある方と、シンシアガーデンとの開発によって生まれたという、ナチュラルな化粧水です。

ネロリといえば、オレンジ系の精油と思いつく方もいると思いますが、日本のウンシュウミカンやナツミカンの花や皮から抽出した天然のエキスを利用しているんですって。さらに、ミカン畑を受け継ぐ人がいなくなった畑をどうにか有効活用できないかと研究された結果、年に数日しか咲かない花の希少な成分を使用されることになったそうです。日本のモノづくりの心意気を感じる製品ですね。

原材料は、オーガニックのナチュラル成分。
水、ウンシュウミカン花水、ナツミカン花水、ダマスクスバラ花水、エタノール、チヤ葉水、アロエベラ液汁、コメヌカ発酵液、ナツミカン果皮エキス、チャ花エキス、グリセリン、グレープフルーツ種子エキス、クエン酸

オレンジの香りがメインではなく、ダマスクローズやお茶など、複雑で深く、それでいて、さっぱりと上品な香りです。

ベースになっている水も、奈良の神秘の水として知られる「ごろごろ水」という天然の湧き水。化粧水として使用するのに向いているそうで、使っても違和感を感じることがありません。

ネロリラボタニカ ブルーミングシャワーの使い方

私はシュッシュとふた吹きして、肌に伸ばし、お風呂上りやお化粧前に使っています。メイクアップは、美容液などが含まれたオールインワンのナチュラルファンデを使っているので、化粧水はさっぱりとしたものが好みなんです。

物足りなければ、美容オイルを1~2適たらしてもいいですし、同じネロリラボタニカからシリーズで出ている「 イテンンシブ ビューティーセラム 」なら、オイルと植物からの抽出成分をミックスして使えるのでそれを併用するとより年齢肌に良いと思います。

ネロリラボタニカのシリーズからは、美容液とクレイが出ていて、こちらも販売店の上位を占める製品です。ですが、あえて、敏感肌の方は、シリーズの一番基本的なこちらのミスト「ブルーミングシャワー」が使いやすいのではないかと思いました。

美容液「NEROLILA Botanica(ネロリラ ボタニカ) イテンンシブ ビューティーセラム
クレイ「NEROLILA Botanica(ネロリラ ボタニカ) アースマスク」も気になる方は、ブランドページをご覧ください。

ネロリラボタニカ ブルーミングシャワー

 

ネロリラボタニカ ブルーミングシャワー

ネロリラボタニカについてのブランド詳細はこちら>>http://sincere-garden.jp/nerolilabotanica/

 - オーガニック, 化粧水, 美容

http://access.shinobi.jp/public/login/x40719227/07SXfpv